2010年04月09日

鳩山邦夫氏の新党参加で与謝野、平沼両氏の間に温度差(スポーツ報知)

 自民党に離党届を提出した与謝野馨元財務相(71)は4日、新党結成時期について記者団に「今週中だ」と明言した。無所属の平沼赳夫元経済産業相(70)らと8日にも旗揚げする見通し。5日には平沼氏や、近く自民党離党届を出す園田博之前幹事長代理(68)、さらに藤井孝男元運輸相(67)と、新党の名称や政策、参加メンバーについて最終調整する。また、3月に離党した鳩山邦夫元総務相(61)については、「平沼氏が(邦夫氏と)5日か6日に会い、いろいろ話し合う」と連携の在り方を協議する意向を示した。

 だが、実母からの資金提供問題を抱えている邦夫氏の新党参加については、与謝野氏と平沼氏の間で温度差があるようだ。政治評論家の有馬晴海氏(52)は次のように分析する。「与謝野さんは“新党には自民党のはみ出し者が集まる”というイメージは避けたいと思っており、邦夫氏の参加には否定的。平沼さんは邦夫氏と同様、党から追い出されたような境遇が一緒で、肯定的でしょう。選挙になればお金がかかるだけに、邦夫氏の資金力に頼ることになる可能性はあります」

 新党の代表は対外的に与謝野、平沼両氏が共同で務めるが、総務相などへの届け出は平沼氏を代表とする方向。本部は都内の平沼氏事務所に置く。

 与謝野氏はこの日、フジテレビの報道番組に出演し、夏の参院選について「比例代表になるべく良い人を探す。東京選挙区は(改選数が)5人なので立てないことはない。3人区、2人区でどうするか協議する」と述べ、改選複数区でも候補者の擁立作業を急ぐ方針。

 だが、同日発表された共同通信の電話世論調査では、与謝野氏の新党に65・9%が「期待しない」と答え「期待する」の27・1%を大幅に上回った。自民党出身のベテラン主導の新党構想は国民には魅力的に映らないようだ。

 ◆石原都知事、新党にエール 与謝野氏が4日に出演したフジテレビの報道番組には、石原慎太郎東京都知事も出演。「(新党は)自民党にとってもとてもプラスになるし、日本の保守主義のためには必ずプラスになる」と語り「心からエールを送りたい」と支持を表明した。与謝野氏や平沼氏らの会談にも同席するなど、今回の新党結成への動きに関与したといわれる石原氏。これが政界再編につながる、との見方を示し「小さな雪崩が起こりますよ」と予言した。

 【関連記事】
自民党が鳩山邦夫氏の離党承認
鳩山総務相「良かった」…草ナギ復帰
鳩山総務相、草ナギ「最低人間」発言撤回、「最低最悪の行為」と言い換え…火に油?抗議やまず
草ナギ容疑者「最低の人間だ」鳩山総務相の批判に抗議殺到…地デジ推進キャラクター
与謝野馨 財務相 平沼赳夫 を調べる

<鳩山首相>農業者ら招きリアル鳩カフェ、「戸別補償やる」(毎日新聞)
参院のみの押しボタン、隣から手届く場所(読売新聞)
防犯カメラで痴漢半減、埼京線が全列車設置へ(読売新聞)
<火災>アパート全焼、焼け跡から2遺体 相模原(毎日新聞)
医師会に配達の鉢植え出火、会長選巡り脅迫?(読売新聞)
posted by カワゴエ トシヒコ at 02:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。